挙式レポート 挙式レポート

HOME > 挙式レポート > Kazuki & Kanako
Kazuki & Kanako 写真

2020/12/13

Kazuki & Kanako

皆様こんにちは。いつもオール・セインツウエディングの先輩カップルレポートをご覧くださいまして、誠にありがとうございます。今回は12月に結婚式をされた素敵なお二人をご紹介させて頂きます。お二人は、ご遠方にお住まいという事もあり、一日になるべくまとめてお打合せを進めてまいりました。メールやお電話でも細かな確認をさせて頂き当日を迎える事が出来ました。

いよいよ結婚式当日です。挙式は教会挙式、クリスマス装飾がされた礼拝堂で挙式となりました。ご新郎様は儀礼服、ご新婦様はオフショルダー、バックスタイルにリボンがついた可愛らしいウエディングドレス姿です。ご家族の皆様に見守られ、あたたかな挙式となりましたね。

ガーデンでは、フラワーシャワーやベルの音で祝福をされながらご入場です。お天気にも恵まれバルーンリリースやコイントスの演出も楽しくご参加いただきました。お二人はロンドンタクシーに乗車していただき、パーティー会場へ出発です。

パーティー会場では、お二人らしさいっぱいのウェルカムグッズが迎えます。ご新婦様のお母様が描かれた新郎新婦様の似顔絵や、お写真、またご友人の方からサプライズで届いたプレゼントなどウェルカムスペースは盛りだくさんです。更に会場にはいると、先ほど挙式で着用したご新郎様の儀礼服や、ご新婦様が今も続けている剣道の道着や竹刀が飾られ皆様をお出迎えします。会場のコーディネートはレッドのテーブルクロスにグリーンのナフキンでクリスマスらしく。お花はガラスの丸い花器にピンク、白のお花、更にドライフラワーのミニ花束が添えられた可愛らしい席札をお一人お一人にご用意されました。

いよいよご新婦様のご入場です。和装へのお色直し、ご新郎様は紋服へ。ご新婦様は色打掛の下にご自身が成人式の際に着られた振袖を花嫁仕様に着付け、とても華やかなお姿となりました。乾杯のご発声はご新婦様のお父様にお願いをされました。お話をされ始めると、すぐに涙を流され言葉に詰まってしまわれたお父様。ご新婦様はこの日初めてお父様の涙をみたそうです。素敵なお言葉でした。

続いて祝辞はご新婦様のおばあ様から頂戴致しました。花嫁姿をみることができた事、本当に嬉しそうでしたね。皆様で楽しくお話をしながらお食事をして頂きました。

パーティー中には、色打掛セレモニーという演出をおこないました。色打掛をとり、下に着ている振袖姿を皆様に改めてご披露して頂く演出です。ここでサプライズです。ご新婦様のおば様にお手伝いをして頂きます。サプライズでしたので驚きと喜びの表情でいっぱいでしたね。色打掛は衣桁に飾り、儀礼服や道着と一緒に飾ります。皆様にはお着物の柄を楽しんでいただきました。

いよいよウエディングケーキの登場です。お二人のウエディングケーキは、可愛らしいアイシングクッキーが沢山のった2段ケーキです!メイプルシロップを上からお二人でかけていただき完成です。

ラストバイトやサンクスバイトに続きお手本バイト、ファーストバイトと皆様大盛り上がりでした。

歓談中には新郎新婦様が作成をしたプロフィールDVDを上映。笑いあり、涙ありの素敵な映像でした。デザートの時間に合わせて先ほどのウエディングケーキを皆様にふるまいます。ここでは新郎新婦様が自らケーキをワゴンに乗せ皆様の元へ運びます。皆様とてもうれしそうです。

和やかにお過ごしいただき、そろそろフィナーレのお時間を迎えます。ご新婦様から想いがこもったお手紙を読んでいただきます。ウェイトベア、花束、そして記念品として新郎新婦様とご両家様で同じ木目を使用して作られた三連時計を贈ります。

挙式もパーティーもお二人がご家族様から、とても愛され心から祝福されている事が伝わる本当に温かな結婚式でした。お二人と一緒に過ごせたお日にちは少なく、あっという間に当日を迎えましたがいつもお打合せでは笑いが絶えず、私たちスタッフも楽しいひと時でした。

数ある結婚式場の中から私たちオール・セインツウエディングに大切な結婚式をお任せいただけた事、スタッフ一同心より感謝申し上げます。ご遠方でなかなか、こちらにいらっしゃる事も少ないかと思いますが、いつでも遊びにいらして下さいね。心からお待ちしております。本当にありがとうございました。