BLOGブログ

2019/10/22バージンロードはなぜ「赤」なのか

いつもスタッフブログをご覧いただき

ありがとうございます。

 

 

このたびの台風19号により

被災された方々に謹んで

お見舞い申し上げます。

 

 

本日は、

“バージンロードはなぜ赤なのか”

についてお話します。

「郡山市内の結婚式場で赤い

バージンロードはここだけなんです!」と

ご案内すると皆さんとても驚かれます。

バージンロードといえば

『赤』というイメージを

皆さんお持ちのようです。

 

赤は愛や情熱を象徴する色で、

昔からヨーロッパの教会はもちろんの事、

アカデミー賞やカンヌ国際映画祭などの

催事にはレッドカーペットが用いられます。

有名な映画祭でも必ず敷いてあるのは、

その流れを汲んでいるからだそうです。

赤いバージンロードは正統な証。

ステンドグラスから差し込む

柔らかな光を受けて、

夫婦となる瞬間を

赤いバージンロードの上で迎える。

きっとそれは見守る親御様にとっても

大切な時間です。

 

「感謝」 「誓い」 「希望」

 

たくさんの思いを胸に、

一歩一歩大切に

歩んでいただきたいと思います。